Rapeleap【感想/レビュー/攻略】

レイプで廻る時間の螺旋からの脱出ゲーム

サークル『leisurely soft』さんの「Rapeleap」のレビューです!



Rapeleap

公式説明

作品内容

突然始まっている凌辱と「犯され戻り」
ゆきは気が付くと見知らぬ街にいた。
そう見知らぬ街。
だけどどこか見おぼえるある街。
夕暮れ時の静かな街並み。

ここはいったいどこなの?

町や公園を彷徨い、「なぜか突然始まっている凌辱」
襲われた覚えもないのに、すでに受け入れて、体が反応し拒絶できないところまで高まった状態で意識をバトンタッチされたような感覚。
そしてHをするたびに「はじまり」にタイムリープしてしまう。

繰り返される「犯され戻り」。

なぜこんなことになったのか?
ここはいったいどこなのか?

ココがおすすめ!

  • 理不尽レイプシチュエーション
  • 謎解き要素
  • むちむちボディ

通常パート

街の探索

限られた空間にとばされてしまった主人公を操り、あちらこちらと探索します。

 

少ない手掛かりから、いつ抜け出せるともわからない街を右往左往する必要がありますが、謎解きが好きな人は燃える要素でもあります。

 

急に襲ってくるゲームオーバーを掻い潜り、クリアを目指す事は試行錯誤と達成感を与えてくれます。

エロパート

いきなりレイプ

サークル状に光るイベント発生の場所に入ると強制的にレイプシーンが発生します。

 

いきなり何事?となりますが、脈絡なく犯されるイキナリステー○ならぬイキナリレイプに肉汁も脳汁も先走り汁も溢れてしまいます。

同じチンポに何度となく、いきなり犯されるシチュエーションは、興奮度を高めてくれる要素でもあります。

いきなり直結という、否応ない状況に頭も亀頭も、ビンビンになることうけあいです!

レイプ快楽落ち

何度か同じイベントサークルに入ってしまうと、快楽落ちしてしまい、ゲームオーバーとなってしまいます。

 

しかしイベントを進行するためにはギリギリまでレイプされなければならないこともあります。

この匙加減が難しいですが、リトライはすぐにできるため、何度も遊んで次こそは!とやり直ししたくなります。

 

やり直しをすると、また最初から犯り直しされるので、何度もエロシーンを見ることになり、プレイヤーも脳内レイプされているような不思議感覚を味わうことができます。

むちむちボディ

プレイヤー操る主人公キャラは、移動の際は3Dキャラですが、エロシーンになるとむちむちボディの2Dキャラとなりアニメーションしてエロエロな肢体を見せつけてくれます。

 

程よい加減のむっちりボディなので、この絵を見て股間に来る人は愉しさ倍増です。

まとめ

タイムリープものとレイプを掛けた、時をかけるレイプストーリーで、謎解きも相まって脳と股間を刺激してくれるゲームとなっています。

 

理不尽なシチュエーションとゲームオーバーを味わうことで、プレイヤーの脳内に程よいストレスを与えてくれます。

クリアを目指すと、主人公の気持ちも味わうことがデキますので、レイプシチュエーションを楽しみつつ、脱出ゲームとしても楽しめる側面を持った一挙両得のゲー厶です。

 


Rapeleap

 

おすすめの記事