面白いもの×面白いもの=とっても面白いもの。
作品のファンのみならず、ゲーム性も元ネタを踏襲して非常に高い。
よく作り上げたなあと感じる作品。エロもいいですよ!
えふごにょ

■あらすじ

「FG●」シリーズのキャラが大活躍する、拠点防衛型の横スクロールシミュレーションRPG!!

「えふにょにょ」や「Dragon Carnival」と同様で気軽でサクサク進むゲームだよ。
次々と現れる敵をなぎ倒し、成長したユニット達と前進前進!!

シンプルなルールで、ゲームを始めやすく、空いた時間でサクッと遊べるテンポのいいシステム!
だけど……気付くと、数時間が経っている……なんてことも平気であるから要注意!!
イイ意味で「時間を忘れて」遊べちゃうゲーム。

やり応えバッチリ! エッチシーンもバッチリ!!

ボイス有りのムフフなイベントシーンは全部で36!!
時には愛を、時には鞭を振るいながら女キャラサーバント達とアツい時間を過ごしちゃおう。

◆ 某スマホゲーのサーヴァント達と敵をなぎ倒せ!

世界観・キャラ設定は超有名スマホゲームを踏襲しています。
主人公として選ばれるのはもちろんマスター。名前は自由に決めることができ、男性になります。

◆ 特異点のモンスターを倒せ!仲間とともに成長。

世界観を最初から説明すると元ネタから説明しなくなるといけなくなるので簡単に説明します。
本来あるべき姿ではなくなってしまった場所があり、そこではモンスターが溢れ出ています。
そこにマスターと呼ばれる主人公が、サーヴァントと呼ばれる過去の英雄たちを使役して、
モンスターを倒していくというストーリー。

今作では、特異点ごとのストーリーはほとんど重視されていません。
モンスターを倒してサーヴァントと共に成長していきながら、絆を深めていくという流れになっています。

◆ タワーディフェンスとシミュレーションの融合。やっぱり面白いシステムですね。

こちらもアリスソフトのままにょにょが元ネタのシステム。
左側にある拠点(シャドウボーダー)を仲間と守リながら右から来る敵を倒しきるのが目標です。

最初から、かなり多くのキャラクターが選択可能です。
キャラクターを選んで左の赤枠の中に出撃させます。

 

出撃させた後はSRPGのようにキャラクターを選択して、敵の前まで進み攻撃を行って敵を倒していきます。
ターン制になっていて、ターンを終了すると相手のターンとして敵が前進し、攻撃してきます。反撃も可能です。

特徴的な点としては、敵を倒しきった後に拠点を前進させていくところですね。
敵を倒しきらないうちに前進させてしまうと敵の攻撃を受けてしまうので、敵を殲滅しなければなりません。

◆ 元ネタの雰囲気を壊さないような気遣いが随所に見られます。

元ネタとなったスマホゲーを踏襲しているのですが、BGMやグラフィック・UIに至るまで、
雰囲気を壊さないように似せているのが良いポイントですね。
装備品に当たる部分を礼装と呼んでいたり違和感のないように用語も作っています。

ボイス付きなのは非常に嬉しいです。元ネタに似せているのも分かるのですが、
元ネタをやりこんでると流石にちょっと違和感あるかな・・・?
まあ声優さんも頑張ってるのですぐになれます。

◆ 攻略

攻略はこちら

 

えふごにょ

おすすめの記事