機核覚醒~ジレレンと深紅迷宮~【攻略/レビュー/感想】

人間とロボットの共存のためにできることはなにか・・・「古代魔獣の遺跡ー深紅の迷宮」の最深部でその答えが見つけよう。

本記事は、サークル「セルレ部」さんの「機核覚醒~ジレレンと深紅迷宮~」に関する感想、攻略、レビュー記事です。


機核覚醒~ジレレンと深紅迷宮~

公式説明

!ストーリー:

 ”ロボット恋愛禁止法”
一部の学者から、ロボットと人間が似すぎてきているという懸念があがった。
将来的にロボットとの結婚が可能になると、次世代の子供が誕生しない事態となり、
人口が減り続け、いずれ人類は滅亡してしまう。
生物学者リムは、ロボットが人間と同じ生活を送ることができるように、
ロボット学者の馬静鈴、および助手ロボットの小雪精とともに、古代魔獣の遺跡ー深紅の迷宮へ、
答えを探す探検に出る。

!このゲームについて:

.本ゲームは3Dアクションゲームです。
  難易度は以下のようになっています。
  Normal: 基本レベル
  Hard: 中級者向け
  Very Hard: 上級者向け
  No Future: 超上級者向け

.ジレレンと小雪精、二人で協力してゲームを進めます。
 
.魔獣に攻撃されると、汚染されて汚染値が上がります。この汚染値は
 
キャラの行動には影響しませんが、一定の比率を超えるとH攻撃を受けることがあります。
 H攻撃の内容は、触手、強制オナニー、産卵など。敵のタイプによって異なります。

.H攻撃を受けると侵食されます。
侵食度がHP上限を超えると戦闘不能になり、
ジレレン、小雪精ともに戦闘不能となった場合はゲームオーバーです。
 ゲームオーバー後には陵辱イベントがあり、ボス戦専用の陵辱イベントもあります。

.使用可能キャラはジレレンと小雪精の二人で、
 二人それぞれのエロ要素に対応しています。

.村の発展、機体の強化、装備の強化、スキルの習得、コレクション要素、
ランダムダンジョンなど、随所にやり込み要素をもたせました。

.KAKINポイントシステム:
  KAKINポイントを使用すると「無制限復活」や「回想モード全開」等の機能が
使えるようになります。(まだ調整中です)

!システム説明:
ジレレン:いろんな魔法が使える遠距離キャラ。
  小雪精:大型ハンマーとアイテムを使う近距離キャラ。
 
.機体強化システム:
  機体ステータスは全部で4つです。

.特殊攻撃システム:
  ジレレンはある特定の場所で新しい魔法属性と魔法軌跡を習得します。
それぞれ六種類の魔法属性と魔法軌跡を組み合わせることで、
いろんな魔法が使えるようになります。

  小雪精は必殺技システムで,
ある特定の条件のもと、新しい必殺技を習得することで、
変化に富んだ戦闘ができるようになります。

.トランスシステム:
  ジレレンと小雪精は、動物因子とロボットの融合実験を行います。
ネコ娘やイヌ娘等に
  トランスでき、人型では乗り越えられない地形も、
動物型にトランスして進むことができます。
  動物形態専用のHイベントもあります。

.村の発展システム:
深紅の迷宮内で世間から千年もの間隔離されていた遺跡の村を見つけます。
ジレレンはこの村を自分の秘密基地にするため、村人に協力して村を再建します。
村のNPCにもエロイベントがあります。

.遺跡の遺物のコレクション:
ネコの古銭など、いろんな場所に散らばる古代遺物をコレクションすることができます。

.設定資料集:
様々な条件のもとで古代や現代の資料を入手し、機核覚醒の世界をもっと理解しましょう。

!CG枚数とリアルタイムH:
メインストーリー:HCG20枚以上
リアルタイムH: 20バターン以上(予定)

体験版をダウンロードし、
ご使用の環境で正常に動作するかどうかをご確認の上、
製品版をご購入ください。

 

ココがおすすめ!

  • ロリ、ケモナー、異種姦等様々な性癖に刺さる作品!
  • 作品の雰囲気に合ったメルヘンチックなかわいい作画
  • 同人ゲームとは思えないほど豊富なゲーム要素

◆ 仲間と協力して深紅の迷宮を攻略しよう

本作は、「ジレレン」と「小雪精」の二人を操作して迷宮に隠された秘密を探る3Dアクションゲームです。過去作のサブキャラとして登場した二人なので、馴染み深い人もいるかもしれませんね。

ストーリーの中でもHCGは満載で、不意にHな一枚絵を見ることができるのでうれしい驚きも満載です!

◆ やりごたえ抜群の3Dアクション

ゲームプレイ時の画面は、3DCGを操作するアクションゲームです。

操作するために使用する機器として、キーボートとゲームパッドを選ぶことができます。キーボードでも問題なくプレイすることができますが、操作が少し難しいほか、ある程度複雑操作を要する箇所も多々あるので、ゲームパッドを使用することをおススメします。

 

◆ 敗北後の「その後・・・」は必見

本作はHPゲージの概念の代わりに、「浸食度」という概念が存在します。敵から攻撃を受けたり魔法を使用し続けていると上昇していきます。浸食度が上昇してもキャラクターの操作性に直接関係するわけではないですが、一定の割合を超えるとH攻撃を受けることがあります

このH攻撃には専用のカメラワークが用意されており、見ているだけで臨場感を味わえるので必見です。しかし、H攻撃を受けると浸食度が急激に上昇し、最大まで溜まってしまうとゲームオーバーとなってしまうので早めに振りほどいて脱出しましょう。

ゲームオーバー後は、専用のHなCGを見ることができます。すぐに再挑戦したい等の理由がないのであれば、ゲームオーバー後の選択肢「その後・・・」を見ることおススメします!

◆ 豊富すぎるゲーム要素

ストーリーを進めるほかにも様々な要素でゲームを楽しむことができます。

CGを鑑賞するもよしステージ各所に配置されているネコ古銭を集めるもよし装備を集めてキャラを無限に強化するもよし

ここに上げるだけでもキリがないほど、本当にたくさんの要素が含まれているゲームです。ストーリーを進めるだけではもったいないで、是非いろいろなことに挑戦してみてください。

 

◆ 攻略

本作は開始時にゲーム難易度を決めることができますが、一番簡単な難易度でもアクションゲーム慣れしていない人にとっては難しく感じることが多くあると思います。そのため、以下の四つを頭に入れておきましょう。

  • 遠距離特化のジレレンと近距離特化の小雪精
  • 敵の攻撃範囲を見極めよう
  • トラップ部屋ではジャンプ長押しが有効
  • 奥の手「KAKIN屋」

まず、操作する二人のキャラは、遠距離攻撃と近距離攻撃という二つの役割が明確に決まっています。近距離でごり押ししたほうが良い敵には小雪精を、遠距離からチクチク攻撃したほうが良い敵にはジレレンを操作して、効率よく敵を倒すことを心がけましょう。

次に攻撃範囲についてですが、敵が攻撃する際に黄色い四角が表示されます。敵の攻撃は、この範囲のみ有効なので、この四角に入らないようにしましょう。(この四角が消えていれば敵の攻撃が残っているように見えても攻撃が当たることはありません。)

床にトラップが敷き詰められている部屋は、移動することも困難になるかと思います。

そんな時は、ジャンプボタンを長押しした状態で移動する良いでしょう。この操作を行うとキャラが常に飛びながら進みます。そうしていれば床のトラップに触れることが極端に減るので、試してみてください。

最後に、どうしてもゲームがクリアできない。けれどCGは見たい!という人は、迷宮入り口に配置されている「KAKIN屋」を訪れてみてください。ここでは全回想を開放することができます。また、まだ調整中のようですが公式チートが可能になるコマンド等が実装予定だそうです。もし攻略に行き詰ってしまった時は、是非訪れてみてください。

ゲーム難易度はかなり高いほうだと思われます。KAKIN屋でCGを全開放してもよいかもしれませんが、クリアしたときの達成感は格別なので、がんばってプレイしてみてください!
ゲンセン ~エロ同人レビュー&感想&攻略まとめサイト~
おすすめの記事