交易街の黒い衛兵~地下監獄と女囚達~【感想/レビュー/攻略】

街を守るという名のもとに捕らえた女囚を凌辱するゲーム

サークル『幼心の君に』さんの「交易街の黒い衛兵~地下監獄と女囚達~」のレビューです!



交易街の黒い衛兵~地下監獄と女囚達~

公式説明

作品内容

街の治安を守る衛兵となって女達を捕らえて凌辱する
囚姦アニメーションRPGです。

プレイヤーは、人の往来の盛んな交易街の治安を守る衛兵となり、
日々の巡回業務の中で不審者や犯罪者を捕まえ手柄を立て、出世を目指します。
犯罪者の中には当然、女性も存在し
見逃す代わりに見返りを要求したり、女囚として地下監獄へ投獄し
身体検査や凌辱尋問、強制売春等が可能です。
また、非番の日には歓楽街へ繰り出し
踊り子の過激なサービスや娼館での売春などもあります。
その他にも
独房で孕ませてのボテ腹、
刃向かってきた女野盗を倒してからの気絶姦、
看守に薬を盛らせて囚人を睡姦等
様々なシチュエーションを実装しており
Hシーンのアニメ―ション本数はキャラ差分を除いて400本以上になります。

ココがおすすめ!

  • 衛兵となり正義と性技が発揮できる
  • クリア後はお好みの女囚を作成できる
  • ヌルヌル動くLive2Dを使用したHアニメーション

衛兵パート

街を巡回して犯罪者を摘発

衛兵となったプレイヤーは、基本的な日々の業務として、街を巡回して犯罪者を取り締まります。

 

犯罪者から犯罪の証拠(ランダム)を見つけ出し、見逃す代わりに金銭を貰うも良し、手柄のために牢獄に入れるも良しです。

中には襲いかかってくる犯罪者も居るので、ちょっとしたアクションバトルでねじ伏せてやりましょう。

 

逃げる犯罪者を追う鬼ごっこタイプのミニゲームもあります。そして、犯罪者が女性の場合は綿密な取り調べを行うことも可能です。
上着をめくらせたり、下着をめくらせたりできます。

夜の街のエロハプニング

夜の街を巡回しているとレイプされた女性が道に倒れていることがあります。

介抱して病院に連れて行くこともできますが、追いレイプすることも可能です。

既に茫然自失状態の女性を犯すという背徳感のあるシチュエーションが好きならば使い勝手が増します。

非番パート

非番となった主人公は夜の街に繰り出すもよし、牢獄に捕らえられた女囚たちの取り調べ(意味深)を行うことも可能です。

酒場

夜の街では、酒場でポールダンスを見て気に入ったダンサーがいたらチップを渡して性的なサービスを受けることが可能です。

 

性的なサービスであって、性交ではありません。

フェラか素股のどちらかのプレイになります。

娼婦館

娼婦館も利用できるので、娼婦館では通常の騎乗位、正常位でのエッチが可能です。(前後の穴選択可能)

また、娼婦をお気に入りに登録すると指名ができるようになります。

取り調べ

プレイヤーの役職が低いうちは取り調べということで、女囚の前後の穴を調べることが可能です。

一緒に取り調べをしている衛兵に金銭を渡すことでエッチすることも可能です。

体位はバックオンリーなのですが、こちらも前後の穴を愉しむことが可能です。

牢獄では拘束具

役職が上がると牢獄で女囚たちを拷問することが可能です。拘束具のある部屋に連れ出して目隠しプレイ等が可能となっています。

お気に入りの女囚を10人まで捕らえておけるので、街でお気に入りになる容姿の女囚候補を見かけたら、しっかりと犯罪を暴いて捕まえましょう。

役職が上がれば

プレイヤーの役職が上がれば、眠り薬を使った睡眠姦、孕み薬を使ったポテ腹姦も可能となります。

長期投獄で牢獄プレイ

役職が上がっていれば、ある程度の期間投獄された女囚は心を折られ、拷問室に連れて行かなくとも牢獄でエッチすることが可能になります。

クリア後のお楽しみ

指名手配でお好みの女囚作成

指名手配書を作ることで、お好みの容姿の女囚を作り出すことが可能です。

髪型や年齢層、体型などがお好みで作成できます。

回想プレイでお好みのシチュエーション

タイトル画面にMemoriesという項目が追加され、現在捕獲している女囚達とお好みのプレイが可能となります。

女囚ではできない娼婦プレイなども可能なので、上述した指名手配で作成したお好みの女囚とお好みのシチュエーションプレイが可能となります。

まとめ

正義を執行する筈の衛兵となって、性技を執行することができるゲームです。

序盤はやれることも少ないですが、出世をすれば後々ヤれる事も増えて楽しくなります。

マウントを取ったプレイシチュエーションが好きであれば使い勝手はかなり良いと思います。

Live2Dを使ったアニメーションもヌルヌル動くので、より淫靡な雰囲気を味わうことが可能です。

 

「上の口はだんまりでも、下の口は正直だな?」なんていうシチュエーションが好きならばかなり愉しめるゲームだと思います。


交易街の黒い衛兵~地下監獄と女囚達~

おすすめの記事